エアコンの賢い使い方!冬に暖房をつけても車の燃費は悪くならない!

暖房って燃費に影響しないって知ってました?

寒くても、暖房を入れると車のガソリンが減るから絶対付けない!という方は意外と多いのではないでしょうか?僕も、ガソリンが少なくなってガソリンスタンドが見つからない!って時は、暖房切って寒い中運転した覚えがあります。が、実は違うということがわかりました。

なぜ、燃費が悪化しないの?

実は、暖房をいれるとエンジンから発生している熱を室内に取り入れているため、走るためのガソリン以外に、ガソリンを多く使用しているわけではないんです。熱のエネルギーを捨てないで、タダで利用するとは一石二鳥ということですね♪

じゃあ、なんで夏の冷房は燃費が悪くなるの?

暖房と、冷房では仕組みが違います。

冷房は「A/C(エアーコンディショナー)」というボタンを押して風量を上げると、とても涼しい風が出てきますよね。そのA/Cボタンは、コンプレッサーを動作させるボタンなのです。

冷媒ガスを冷やして、送風を当てる事により冷風を出しているので、エンジンの動力を使いコンプレッサーを回すので燃費が約10%程落ちてしまいます。

注意すること

当たり前ですが、暖房を入れながらA/Cボタンを入れてしまうと、コンプレッサーが動いてしまうので燃費は悪くなります。暖房を入れる時はA/CボタンをONにしないように心がけましょう。

でも、A/Cボタンは便利な時もあります。

先程、暖房ではA/CボタンをONにしないようにとお伝えしましたが、便利な時もあります。

暖房を付けて車内が密封されると、人の蒸気でガラスが曇ってしまいます。A/CボタンがOFFで送風状態だとなかなかガラスの曇りはとれませんが、A/CボタンをONにすることによって、除湿されるため曇りが取れやすくなります。

まとめ

「冷房」使用時

  • A/CボタンON 涼しい風が出るが燃費が悪い
  • A/CボタンOFF 送風なので涼しくないが燃費は良い

「暖房」使用時

  • A/CボタンON 暖かい風が出るが燃費が悪い(ガラスが曇って除湿する時は効果的)
  • A/CボタンOFF 暖かい風が出て燃費が良い

このような感じでしょうか。時と場合により使い分けて乗りましょう。

夏場はA/Cを入れないと暑くてやってられないので燃費が落ちるというのはしょうがないです。せめて冬場のドライブくらいは燃費を気にせず快適に乗れるようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする