トヨタ ハリアー 2017年にマイナーチェンジ予定!3つの大幅変更点

トヨタ ハリアー 2017 マイナーチェンジ

トヨタのSUV「ハリアー」が、2017年にビッグマイナーチェンジが予想されています。

現行ハリアーは2013年に発売された3代目モデルになります。

マイナーチェンジ、モデルチェンジを繰り返してきたハリアーの歴史

  • 1997/12~2003/2 ハリアー10系
  • 2003/2~2013/7 ハリアー30系
  • 2013/12~現行 ハリアー60系
  • 新型ハリアーのマイナーチェンジ、主な変更点は3つ!

    マイナーチェンジ後のエクステリア、インテリアのデザイン変更は!?

    大幅変更とされると見た目でわかるぐらいの変更が行われるはずです。

    フロントグリル、フォグランプ、バンパーやエアロパーツや外装など高級SUVのハリアーらしいラグジュアリーのある見た目になること間違いないでしょう。

    ヘッドライトやリアランプなどもLEDが配置されることも考えられます。

    アルミホイールのデザイン、サイズやボディーカラーも追加されるかと思います。

    インテリアはハリアーならではのシートの素材やステッチの装飾カラーの追加、メッキやLEDも多様されることが考えられます。

    マイナーチェンジ後は2.0L ターボモデルエンジンが追加!?

    現行の現在は、ガソリン仕様の「2.0L 直4DOHCエンジン」と、ハイブリッド仕様の「2.5L 直4DOHCエンジン」になりますが今回のマイナーチェンジで「2.0L 直噴ターボエンジン」が追加されると予想されます。この2.0L 直噴ターボエンジンはクラウンやレクサスで使われている同スペックになります。

  • 最高出力:235ps/5200-5800rpm
  • 最大トルク:35.7kgm/1650-4000rpm
  • 現行のハリアーのNAエンジンにはないマイナーチェンジのターボエンジンはパワフルなエンジンになること間違いなし。燃費性能は、燃費で13.0km/L前後になるようです。

    トヨタセーフティセンスP装備

    マイナーチェンジで、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)」が装備されます。

    現行ハリアーには、「プリクラッシュセーフティシステム」という安全装備が用意されていますが今回のモデルチェンジで搭載される「トヨタセーフティセンスP」は、先進の歩行者検知機能を搭載したトヨタ最新の衝突回避支援パッケージです。現行のハリアーに装備されているプリクラッシュセーフティシステムよりも、さらにマイナーチェンジ後は予防安全性が高まるパッケージになります。

    ハリアーのマイナーチェンジ情報が入り次第更新させていただきます。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする