軽自動車に軽油を入れたらどうなるの?

スポンサーリンク

ガソリン車の軽自動車に軽油を入れたらどうなるか

最近の軽自動車は燃費もよくなり、室内も広くなったので購入されている方も増えているようです。

売上台数と同じく増えている問題がレギュラーガソリンと軽油の入れ間違いが多いようです。

がつくから軽油を入れたくなる気持ちはわかりますが
軽自動車に軽油を入れることはやめましょう!

レギュラーガソリンと軽油の違いって何?

ガソリンと軽油はもとは同じの石油から作られ、製法も成分を分離して作られのは同じことになります。

違うところは採取温度の違いになり常温常圧がガソリン、高温高圧が軽油が特性になります。

元は同じでも特性が異なり使用できるエンジンも異なるので入れ間違いには十分注意しましょう。

軽自動車に軽油を入れたら車はどうなる?

  • マフラーから黒煙が出る。
  • 走っている途中でエンジンが止まる。
  • 最悪、車が壊れる。
  • 万が一、入れ間違えたときの対処法

    間違えて入れ間違えてしまったときはすみやかに燃料を入れ替えましょう

    それしかないのです。

    普通の人ができる作業ではないので車の専門店などで見てもらいエンジン内の洗浄をしてもらいましょう。

    場合によっては部品などの分解、交換が必要になり高額な費用になる場合もあるようです。

    レンタカーを借りる方も自分の乗る車がガソリンなのか軽油なのか確認したほうがよさそうですね。

    レギュラーガソリン車にハイオクガソリンを入れたらどうなるの?

    ちなみにレギュラーガソリンにハイオクを入れると。

    特に問題はないようです。

    昔は燃費がよくなるとかエンジンがきれいになると言われたこともありましたが

    価格の高いハイオクを入れてまで効果は求められないようです。

    ハイオクガソリン車にレギュラーガソリンを入れたらどうなるの?

    じゃ、逆のハイオク車にレギュラーガソリンを入れると。
    これも特に問題ないようです。
    コンピューター管理されている現代の車はノッキングを抑える仕組みになっているのです。
    しかし、エンジン本来の力も出せなくなり、負担を考えるとハイオク車にはハイオクガソリンを入れるようにしたほうがいいようです。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする