雪道も安心して走りたい!スタッドレスタイヤの選び方

スポンサーリンク

雪道にはスタッドレスタイヤが必要!

雪の日にノーマルタイヤで走るなんて危険なのは誰でも知ってますよね?

そもそもスタッドレスタイヤってなに?

スタッドレスタイヤというのは雪が積もった道でも安全に走ることが出来るように作られたタイヤのことです。雪が降った時に使用する種類もいろいろあります。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは大雪の地帯の過酷な冬道でも滑りを抑えしっかり走ることができるタイヤです。

柔らかいゴムの特性を使い滑りやすいアイスバーンでも安定してしっかりグリップします。

最近のスタッドレスタイヤは低燃費に抑えるための設計もされているので車の性能を向上させます。

スノータイヤ

スノータイヤは夏タイヤに比べ凹凸を作り雪道も滑りにくくなっています。

しかし構造は夏タイヤと同じなので冬の寒い低温でタイヤのゴムが硬化(硬く)なってしまうので雪道のアイスバーンは滑りやすくなるので注意が必要です。

スパイクタイヤ

アイスバーンに弱いタイヤで考えられたタイヤに鋲(びょう)を取り付けたものがスパイクタイヤです。

アイスバーンなどの滑りやすい道にはかなりの効果が出ますが、アスファルトが削れる、粉塵を撒き散らすなどの社会問題になり現在は使用できなくなりました。

スタッドレスタイヤの寿命はどれぐらい?

雪道で使うタイヤなので冬にしか使わないですが寿命は3シーズンが目安になります。タイヤにヒビ、亀裂や摩耗するとタイヤとしては使えない寿命がきています。

3シーズンは目安であり保管方法や製造日でも寿命は変わりますので使用する前にしっかりチェックすることが大切です。

たまに交換するのが面倒で夏タイヤとしてそのまま使う方もいますが柔らかいタイヤなのですぐに使えなくなるのはもちろん、ブロックが大きいのでロードノイズの原因にもなるので冬だけの使用にしたほうがいいですね。

スタッドレスタイヤの価格はどのぐらい?

実際調べてみるとオープンプライスですが最近は通販でも購入することができますね。

量販店やカー用品店は取り付けもしてもらえますが手数料などとられるのでトータル的に自分にあったところで購入しましょう。

メーカーも選ぶもの大切ですね、価格だけでなく性能もしっかり確認しましょう!

価格はおおよそ

12~14インチ 5千円~2万円
16~20インチ 2千円~8万円

車種によって取り付けできるサイズも変わりますので間違えないように気を付けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする